《股関節症.com》股関節症の痛みは手術せずに回復します。変形性股関節症、大腿骨頭壊死、臼蓋形成不全の方達の自然形体療法による回復の記録。治したい-股関節症.com 

股関節症で悩んでいた方の回復の記録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ブログ

股関節(鼠径部周辺)の痛み 

股関節の痛み 40代女性

H30.6.14来院

<主訴>
股関節の痛み.

その他にも腰や膝の痛み。
慢性的な肩こりもある。

一番辛いのは、股関節!
最初に痛めたのは、4~5年前(鼠径部と大腿部外側の筋)
ストレッチが原因。
疲れると時々痛かった。
その時は、自分でマッサージすれば痛みがとれていた。

4月~仕事を再開。
痛みが再発、悪化。
以前のように、痛みがとれなくなった。

特にズボン履く動作、小走りの時など痛い。

<状態>
骨盤の歪みあり。
周辺の筋が、歪みによってひっぱられてるように硬くなっている。
腰から背中、首の筋までベッタリ張っている。

<施術>
まずは、身体のバランスを整える。
そして、全身のこわばりをとっていく。
鼠径部周辺は凝り固まっている。
マザーキャットで、じっくり取り除いていく。
次に股関節・骨盤の歪みを整え、腰椎椎間板の疲労をとっていく。
最後に、立位で骨盤を整え終了!

術後、ズボンが楽に履けるようになったとのこと。

<1週間後の2回目の施術>

状態を聞くと・・・

施術2日後から楽になってきた。
今は、痛みではなく、違和感ですとのこと。
今日は、肩こりの方が辛いとのこと。

<状態・施術>
一番硬かった左鼠径部周辺の張りは大分良い。
骨盤や股関節の歪みは引き続き整えていく。
今日は、上半身の施術を入念に施術。

<10日後の3回目の施術>

状態を聞くと・・・

一番辛かった股関節の痛みは、大分いいです!
今度は肩こりを診てくださいとのこと。

股関節の痛みは、2回の施術で大分改善した。

今後は、股関節のメンテナンスをしつつ、首から肩の辛さをとっていく。

自然形体療法 整体院爽快
東京都豊島区要町3-26-3-3F
03-3955-7577
尾和真由美

男性 股関節

17歳(高校3年生) 男性 吹奏楽部 静岡県島田市

*痛みまでの経緯*
小学生の頃、すべり台から飛び降り足の付け根に痛みがあった。
中学2年生、サッカー部に所属しており右股関節に痛みを感じて
整形外科を受診し臼蓋形成不全と診断される。
春、夏、冬と休みに整形外科で検査し、
異常なしと診断されるが、
昨年夏から股関節が痛み、腰のあたりも痛む。
1日3回の痛み止めを服用し、
インターネットで股関節のサポーターを買い、
痛いときに使っている。

*現在の症状*
右股関節が肉離れのように痛む。
腰がズキズキする。
肩が張っているような痛み。

*施術結果*
1回目の施術後、2日くらいは良かった。
足は引きずらなくなったとの事。
股関節の痛みのある足とは反対側の
左大腿の裏に固いしこりのようなものがあり、
聞くと、肉離れをしたことがありました。
肉離れの後遺症が残っていましたので、
マザーキャットで緊張を解き、
立ってもらうと、両足に体重が乗るようになり
今まであった股関節の痛みが減りました。

歩いた時に奥の方が痛く、重い感じがする。

座位で、腰から鼠蹊部にかけて筋肉に牽引が掛かるように施術。
再度、歩いてもらうと痛みなし!

4日後の2回目の施術に来られた時には、右の股関節の痛みは、
日常では気にならなくなっていました。
自転車や歩いている時に、脛の部分が気になり
股関節がコキコキと音が鳴る。

立った時に右ひざに力が入らない感じがする。
意識していないと、膝が曲がるような感じがする。

今日は、左足を中心に施術。
施術後は、すねの痛みも解消。

その後、吹奏楽部のコンクールや定期演奏会など続き
演奏中に立ったり座ったりが増えたため
良くなっては痛くなるを繰り返していましたが

13回目の施術で、ある部分の緊張が取れ、
マザーキャットで自宅でも出来るようにしたところ、
痛みが出ないということで終了となりました。


寺田自然形体研究所
     住所 静岡県藤枝市高柳1663-1
     電話番号 090-2265-7750
     施術者名 寺田千恵美

歩行時右股関節が痛い!、左膝は曲げると痛い!

歩行時右股関節が痛い!、左膝は曲げると痛い!
50才  女性  会社員  バレエ  愛知県

《主訴》
右股関節
・座っていて立つときに痛い
・引っ掛かるような感じがする
・歩行時バキバキ音がする
・抜けるような痛みがある
・急いで歩くとひびく
左膝
・ヒールを履くとお皿が飛び出るよう
・立て膝をすると痛い
・屈曲で痛い

《施術後》
右股関節
・歩行が楽に出来る
・ひっかかりが無くなった
・普通に歩ける
・抜けるような痛みは無くなった
・起き上がりがスムーズになった
左膝
・痛みや違和感が無い

《経緯》
約20年前左膝を強くぶつけた。それ以来左膝は痛かったが痛いなりに動く
ことも出来ていたのでバレエをやっていた。しかし昨年の夏の終わりから
右股関節に違和感が出てきた。

しかし昨年の秋に痛みが出てきたのでその後バレエを休んでいる。
関西予防医術研究所にはバレエをしている友人から聞いて来院。
友人は半月板損傷だったが完全回復し現在はバレエに復帰している。

施術は検査から始まるが骨盤に前後上下の歪みがある。
筋肉はすごく硬いところと部位によってはすごく柔らかいところがあった。
MCやMCCを使用して筋肉の硬縮や癒着を解消していく。
左膝の痛みも確認しながら施術していくと痛みの原因が絞れてきた。

施術途中で確認の為に歩いてもらうと「普通に歩けます、大丈夫です!」と
笑顔で答える。

最後の施術を終えてもう一度歩いてもらうと「引っ掛かりが無くなりました。
歩くのがスムーズになりました!今までは引っ掛かりがあったので歩くのが
痛かったんです」と嬉しそう。

股関節の痛みは一旦解消してもまた出てくる。一人一人違う原因を丹念に
解消しいていくしかない。日常的な手入れが必須条件となる。
自分にあった手入れ法を習得し実践することが卒業への早道。
自然形体療法総本部会長が子供のころからの股関節症を克服し現在も普通に
運動、生活しているのをご覧になっていただければ納得していただけます。

今後は自己療法を受講して自分で自分の身体のケアをしていただき、その日の
疲れはその日のうちに少しでも疲れを溜めないようにしていただくことが大切
であるということをお話し、今の間に股関節の痛みから卒業できるようにして
欲しいと伝え施術を終了しました。

施術と自己療法の実践で一日も早いバレエの復帰を応援します!!

関西予防医術研究所

京都府京都市南区西九条蔵王町53
ケンジントンハウス406号  電話075-661-1662

滋賀県長浜市小室町555      電話0749-53-4321
中村美由紀

股関節(骨嚢胞)、手術不要に!

・50代女性・保母・佐賀市

<症状>
10年ぐらい右股関節が痛い。
外科病院では骨嚢胞(こつのうほう)診断を受け、
杖を使用するように指導され、手術を勧められた。
主訴は夜ズキズキすることがあり、30分ほど歩くと痛くなる。
歩き方が変である。
本人は手術は避けたいが、不安そうな顔だった。

<施術>
骨嚢胞という初めて聞く病名で最初は不安もあったが、
基幹の型を中心にマザーキャットクッション(MCC)&股関節の手法を多用し、
月に1回ほど合計5回の施術後、痛みも無くなり、歩き方も普通になり、
病院で手術不要の診断を受け、不安顔が笑顔になった。


SAGA自然形体療法院
佐賀県佐賀市八戸1-2-12 TEL080-6443-4678
北島啓輔

› more