《股関節症.com》股関節症の痛みは手術せずに回復します。変形性股関節症、大腿骨頭壊死、臼蓋形成不全の方達の自然形体療法による回復の記録。治したい-股関節症.com 

股関節症で悩んでいた方の回復の記録
京都・滋賀 白越先生

股関節、踵、肘が痛い。やっぱり自然形体!

股関節、踵、肘が痛い。やっぱり自然形体!

12歳 男子 京都府 柔道

病院の診断結果  股関節症(接骨院)

主訴       右股関節が痛い 左肘が痛い  左踵内が痛い

施術後の結果   股関節がより深く曲げる事が出来る
         左肘は自然形体手法○○をすると痛くない
         左踵も自然形体○○をすると痛くない

2年前、水泳を習っていた時、練習中に股関節の痛みを感じて来院。
自己療法を習い卒業されました。

自己療法とはー
関西予防術研究所独自で行っているその方に合った
痛みの取り方から、歪みの取り方をお教えするセミナーの事です。
これによって自宅で自分で出来るので、早い回復が可能になります。
そして、何より現状維持、再発防止効果があります。
詳しくはホームページをご覧ください。

その折、チック症もあったのですが、頸椎の施術1回でなくなってしまいました。
まさかそれまで良くなるとは思っていなかったご両親はびっくりして
とても感激されていたのがとても印象的でした。
股関節の痛みも取れ、再発防止の為自己療法は続けるよう約束して終了しました。
6年生になった彼はすっかり大きくなって、逞しくなっていました。
今は柔道をやっているとの事。
練習中に少しだけ右股関節に痛みを感じたので、コーチに言うと
柔道整復師であるコーチの所(接骨院)を勧められ行きました。
が、益々痛くなりました。

困った時は自然形体! 
施術開始
「自己療法はやってますか?」
今はやっていないという返事。
自己療法は痛みがなくなってからも予防の為、より大切です。
再度来院される方は彼のように痛みがなくなると同時に自己療法を怠っている方です。
痛みがなくなってから、日々手入れを行うことが大切です。
やはり歪みもありました。日々の手入れを怠っていると歪みが戻ってきます。
部分的にくすぐったがる箇所があります。
これは過緊張や筋肉の癒着部分に見られる現象です。
これについてはマザーキャット(自然形体独自の筋肉の癒着を取る道具)で
丁寧に取り除いていきます。
肘は痛くなってから日が浅い事もあり、自然形体療法独自の手法○○をすると
痛くありません。
お母さんにお教えして自宅で癖づけをしてもらいます。
施術後、
踵も○○をすると痛みはありません。

自宅でもしばらくお母さんに足全体のケアをして頂きます。
これは、自己療法でお伝え済みですが、再度復習です。
これで股関節も軽くなり、手入れを怠らなければ大丈夫です。
自己療法は簡単ですが、場合によっては暫くはお家の方に
手伝ってもらう事もあります。
施術後は足も軽くなり「やっぱり自然形体!」と
笑顔で帰られました。
股関節の場合、簡単に終われないことが多いです。
完全にいい状態を定着させるまで時間がかかることがあります。
念のためこの方も来週も来ていただいて再度チェック・確認することにしました。


関西予防医術研究所
〒601-8414 京都市南区西九条蔵王町53ケンジントンハウス406号
075-661-1662
白越和子

股関節の痛み・膝痛(60代女性)

股関節の痛み・膝痛

62歳 会社員 女性 宝塚市 

主訴    
・歩く時も用心して歩く
・階段は左腰からお尻大腿にかけて痛みが走る
・膝も痛い
・ぎっくり腰も2回
・寝返りも痛い
          
15年前から左股関節が痛くなり病院で治療を受ける。「形成股関節不全」と診断される。
酷く痛む時は痛み止めを飲んだりしてごまかしていた。
病院では手術を勧められるばかりで、10年で再手術とか痛みが取れる保障はないとか
納得のいかない説明ばかりで別の病院を受診。
そこでは、筋力をつける事を勧められ、水泳、ヨガを習いに行く。
無理なポーズをしたのかますます痛くなる。
途方にくれて、インターネットで関西予防術研究所を探す。

1回目

とても若々しい感じの方で、痛々しく歩かれる姿とはマッチしておられません。
自然形体療法は身体全体の歪みを整え、筋肉の癒着を取り元の正常な身体に導きます。
とお話して決して痛い事、不快なことは致しません。とご説明致しました。
「寝返りの時は痛いので、片足を持ちながら身体の向きを変えるんです。」
関西予防医術研究所では代表が長年股関節症の痛みで苦しんでこられたので
いろいろな痛みの解消手法を次々提示できる。自然形体独自の○○の手法をすると、
「うそー! 出来る! 痛くない!」
魔法を使った訳ではなく、自然形体ではごくありふれた光景です。
施術後立ってもらうと、「痛みはあるものの随分軽いです!やっと希望が持てるものに出会いました。」
その日は予約が埋まっていたので、自己療法は一週間後となりました。
自己療法とは痛みが出たとき自分で解消する方法を会得することと、何より大切なのは
再発しないよう日常的に、身体を使った後は手入れすること。
数分でできるようご本人の状態に一番相応しいやり方をハンドメイドでお教えするものです。
「来週が待ち遠しいです。」と帰って行かれました。
           
2回目

痛い動作の確認をして、施術していきます。
前回の嬉しさが身体中に伝わったのでしょうか。とても緩みやすくなっています。
歪みも揃いました。
足踏みは大丈夫です。
次は階段を上ってもらいました。
恐る恐るです。
膝の痛みが半分位残ってると言われるので、○○をすると
「あれ~ 痛くない!」
次は、走ってもらいました。
これもまた恐る恐るです。
「痛くない・・。何年振りかで走れました!」
こちらも嬉しくてたまりません。
日々私達は辛い方を目の前にくじけそうになる時もありますが、
一生懸命が実を結び喜びを共有出来るこの時は大きな喜びです。
そして、この状態をキープする為自己療法を習われました。
こうして書いた後読み返しますと調子よすぎる感じがしますが事実です。
だまされたと思って最後の望みを託して来ました。というお言葉もよく聞きます。
もちろん笑顔で帰られました。


関西予防医術研究所
京都駅前:075-352-6021
滋賀長浜:0749-65-3837
白越和子