《股関節症.com》股関節症の痛みは手術せずに回復します。変形性股関節症、大腿骨頭壊死、臼蓋形成不全の方達の自然形体療法による回復の記録。治したい-股関節症.com 

股関節症で悩んでいた方の回復の記録
静岡 寺田先生

股関節 鼠径部の痛み

17歳 男性

症状:左股関節のソケイ部が、走るとき、体重をかけると痛い。    立位で膝を腹部に近づけてくると、ソケイ部に痛みがある。    下腹部が、力を入れると痛い    腕を上げた時、球を投げる時に、ピキッ、キーンと痛い。    引っかかる感じがする。
病院では恥骨結合炎と診断される。
股関節の一番の原因は、右の骨盤が後下方転位していたことが原因でした。 立位での骨盤、仙骨修正では改善されませんでしたので、 伏臥位になり、骨盤の修正をしたところ、スッキリと痛みがなくなりました。
仰向けから、起き上がろうとした時にも腹部、ソケイ部に力が掛り 痛かったのですが、その痛みも無くなりました。
肩の痛みは、三角筋の剥離痛でした。
治療が終わり、起き上がると「ここの治療は良いよ!痛くないから。」と
今までは、スポーツ専門の治療院に通っていたそうです。 そこでは、痛ーい、ストレッチから治療に入るそうです。
ずっと通っていうても痛みが変わらず、HPを見て来所されました。
痛いというのは、痛いと感じた瞬間に体は危険と感じ緊張が入ります。 自然形体療法は、緊張した部分に優しく、痛みの無い手法で 「危険ではないから、安心して力を抜いて良いんですよ」と 体に教えてあげるのです。

寺田自然形体研究所

静岡県藤枝市高柳1663-1

054-636-0843