《股関節症.com》股関節症の痛みは手術せずに回復します。変形性股関節症、大腿骨頭壊死、臼蓋形成不全の方達の自然形体療法による回復の記録。治したい-股関節症.com 

股関節症で悩んでいた方の回復の記録
香川 木村先生

大腿骨内顆壊死

50代 女性 ヘルパー

昨年の10月頃から左膝内側に痛み。

11月に病院で大腿骨内顆壊死と診断。

原因不明との事。

治療はヒアルロン酸の注射、湿布等。

左膝は歩く時、階段の昇降時に痛い。

右膝も軟骨がすり減っていると言われた。

たまに痛みが出るらしい。

正座は全く痛くない。

伏臥位で歪みを取って下肢の牽引。

この段階で痛みが取れている気がしたので歩いてもらう。

「痛くない!!」

次は階段の昇降。

「大丈夫!」

あっという間でした。

約1分。

告げられるとショックを受けるような恐い病名だが、蓋を開けてみれば単なる緊張でした。

壊死が痛みの原因ではありません。

その後は入念に膝周りの緊張を取っていく。

「また歩いてみて下さい。さっきより軽くなってるはずだから。」

「この状態(寝ている状態)でもそれが分かります!」

その後は肩凝りと白内障の施術。

肩凝りもその場では解消し、白内障も良くなった。

白内障は頚椎の歪みを取っていくと少し良くなりました。

その後は苦手な頭蓋骨の矯正をやっていると、視界が明るくなってきました。

最初は矯正中(私の手が触れている時)だけ見えやすかったが、矯正している手を離しても見えやすさが持続してきました。

頭蓋骨に関してはこれ以上は無理でした。

極めればもっと凄い効果を出せるはず…。

最後は左膝の内側の圧痛(押さえての痛み)を取って終了した。

 

今回の方はかなり軽症だったんじゃないかなと思います。

でも本人は「壊死」という言葉に元気を無くしていたようです。

しかも原因不明と告げられ…。

病名に脅されるというか…。

こういったのは氷山の一角なんでしょうね。

改善するから希望を持ってほしいなぁ~と思います。

私としても、初めて聞くような病名や恐そうな病名に惑わされる事無く、冷静に診断をするのが重要です。

 

※同じ職場の方から「元気に仕事をしている。」と後日報告がありました。

 

きむら自然形体院

香川県観音寺市大野原町花稲944-2

090-3788-3568

ランニング中の股関節の痛み

半年前からランニングで長い距離を走ると痛みが出てくる。

20キロ程走っているが、15キロを過ぎた辺りで両股関節が痛くなってくる。

同時に痛む訳では無く、最初どちらかが痛くなり最終的に両方が痛くなる。

走り終わってもしばらく痛みがあり、安静にしていると痛みは消えていく。

痛む時はももを上げた時。

その他猫背、顎の歪み。

股関節を触診する。 両方とも押さえての痛みがあり、しこりもある。

まずは押さえての痛みを取っていく。 患者さん自身にも押さえてもらい、痛く無いのを確認。

次はしこりを取っていく。

しこりが段々と小さくなっていくのが手に取るように分かる。 これも本人に触らせて小さくなったのを確認。

ただ、今から15キロを走ってもらう訳にもいかないので痛みが消えたかの確認は出来なかった。 しかし押さえての痛み、しこりの消失により症状は出ないはず!という自信はあった。 そして年が明けて本日奥様が来院。

あれから痛みは全く出ておらず、タイムも上がったらしい。

また、家に帰った時に顔が真っ直ぐになっていたのに驚いた。(奥様が)

後は歯の噛み合わせがいつもと違うのが気持ち悪いと言っていたそうだ。

そして普段は正座をしてテレビを見ている。(正座をしっかりするように私が伝えていた)

本当に身体を良くしたいと思っている人は私の言った事をしっかり守る。

3月に大会があるので、その前にまた来るとの事。

施術以降は絶対痛みが出てないはず!と思っていたので、その通りで良かった。

 

きむら自然形体院

香川県観音寺市大野原町花稲944-2

090-3788-3568