《股関節症.com》股関節症の痛みは手術せずに回復します。変形性股関節症、大腿骨頭壊死、臼蓋形成不全の方達の自然形体療法による回復の記録。治したい-股関節症.com 

股関節症で悩んでいた方の回復の記録
東京 春日先生

臼蓋骨形成不全 ダンサー 

臼蓋形成不全 19才 女性

<主訴>
高校3年生のとき、臼蓋骨形成不全と整形外科で診断される。
今年4月中旬から両股関節の痛みがひどくなる。
現在、クラシックバレエ・ジャズダンスの専門学校に通ってダンサーを目指しているが、このままではそれも出来なくなると判断。
インターネットを見て家族3人(両親と共に)で来院。

<施術>
ひととおり話を聞いたあとに全身のバランスをとり、さっそく臀部や股関節回りの筋肉の硬縮状態を解消する。

立ち上がってもらい、足踏みをしてもらう。

まずは右股関節のボキボキ音がなくなる。
仰向けになってもらい、右足が顔につく寸前くらいまで可動域が回復。

痛みも無し。

そして左股関節。
左股関節は右股関節よ股関節回りの痛みがひどかったがこれも右足と同じく解消。
わずかな時間で、あっさり痛みがとれ、股関節の可動域が回復したので(約35分)、かなり驚いている様子。

「ありがとうございました!」との言葉をいただき本日の施術は終了。

また痛いようでしたらご予約下さい、とお伝えしてお帰りいただいた。

臼蓋骨形成不全19才

①来院される前は、どんな症状でお悩みでしたか?
(今までの経緯・辛さをエピソード等入れてお書き下さい)

両方の股関節が足をあげるたび音がなり、続けていくと
痛みが出て股関節がどんどん固くなっていきました。

整形外科に行き、臼蓋形成不全と診断されて、ダンスをやめなさいと言われました。

②施術を受けてから、カラダはどう変化されましたか?
来院して良かったなと思ったのはどんなときですか?

1時間受けただけで、音が鳴らなくなり、痛みがなくなりました。
その後、ダンスが踊りやすくなりました。

③この施術法の良さは何だと思いますか?
(技術的な事、雰囲気等、感じた事なら何でもOKです)

整形や接骨院みたいに、無理なかっこうで痛みをがまんして施術ではなく、
楽な形で受けれるのでリラックスして痛みがなくなるところがいいです。

④同じように痛み・諸症状でお悩みの方へアドバイス、励ましのお言葉をお願い致します。

整形外科で手術をしなければ治らないと言われた臼蓋形成不全でも
自然治療をしてダンスを続けていけるという希望がもて夢をあきらめずにすみました。

埼玉県ふじみ野市  K様

自然形体療法 整体院爽快
東京都豊島区要町3-26-3-3F
03-3955-7577
春日久孝

股関節、腰痛、膝痛 60代女性

68歳 女性

<主訴>
6月末~7月中旬にかけて、姪の子供をあずかり面倒をみていたら、
左股関節に痛みが出た。
その後鈍痛が酷くなり、足も上がらない。腰も痛い。

ということで来院。

<状態>
さっそく検査
腰から膝にかけて筋肉の癒着がひどい。
骨盤がズレ、側湾もある。

<施術>
骨盤、背骨の歪みをとり、足~臀部~腰の癒着を取り去り
関節の動作時のズレを修正。(約30分)

施術後立って足踏みをして痛みがとれたことを確認して本日の施術は終了!

痛みがもどるようなら、また電話をください。ということでお帰りいただいた。

今回のケース以外にも長い時間座っていていたくなったとか、
旅行に行って痛くなったなど様々なケースで痛みは発生する。

そして股関節の痛みの原因は様々である。
原因のひとつは 股関節の周辺の筋肉の癒着である。

これによって臀部や大腿前面にしびれや鈍痛が出る。
痛みの原因は股関節を動かす筋肉にある。
骨は無痛覚なので、骨やすり減った軟骨が痛みをだすことはない。

厄介なのは筋繊維の癒着である。
手で押しても揉んでもとれない。

揉んだり押したりすると、その時は気持ちよく楽になった気がするかもしれないが 
実際はどんどん筋肉は硬くなり痛みが増す。

こういう筋繊維の癒着をとるには、マザーキャットが抜群の効果を発揮する。

股関節の痛み、大腿骨頭壊死や臼蓋形成不全などの症状でお悩み方は、
諦めず施術を試していただきたい!

自然形体療法 整体院爽快
東京都豊島区要町3-26-3-3F
03-3955-7577
春日久孝

股関節の痛み(鼠径部と腰)

今回は6月に股関節の痛みで来院した方の紹介で来られた女性のお話です。

昨年、スポーツジムに通いはじめたところ10月になると右鼠径部と右腰に痛みが発生、そのうち治ると思い放っておいたところ痛みはひどくなるばかり。

最近ではあぐらをかけないのは勿論、膝を開けなくなってしまった。

そこで整形外科に行く。

医師の診断は「レントゲンを診ながら、股関節のまわりにギザギザがでてますね、いずれ手術が必要です。」と言われたようです。

さっそく触診、施術。

まずは、立位で骨盤のゆがみと大腿の筋肉筋膜の変形を修正。

ここで足踏みをしてもらう、歩行時の痛みはすぐに消失。

次に股関節をけん引した後、徐々に股関節を開脚していく。

あぐらをかけるくらいまでの可動域を修正。

女性「痛くないです。こんなに開くの半年ぶりぐらいです。」

私 「不思議でしょう?」

女性「不思議ですね…?」

と、こんなやりとりをしながら施術終了。

そして2週間後、

私「痛みはどうですか?」

女性「股関節はあれ以来痛くないです。今日は肩こりがひどいのでお願いします。」

ということで肩こりの施術をしました。

通常10カ月も痛みを放っておけば、股関節まわりの筋肉は癒着を起こし、一度とれても再癒着する。

今回のようなケースはまれだ。

逆に一回で良くなりそうな患者がそうでないケースもよくある。

股関節の痛み以外の患者にも言える事だが、よく何回で治りますかと電話で相談をうける。

その時の回答はいつも「だいたいの経験則はありますが。施術してみないとわかりません!」

自然形体療法 整体院爽快
東京都豊島区要町3-26-3-3F
03-3955-7577
春日久孝

先天性臼蓋形成不全

40代 女性
2003年に身体のだるさが取れず、整形外科にて「先天性臼蓋形成不全による変形性股関節症」と診断を受ける。
全置換手術を勧められたが、30代だったので拒否。
その後、薬の服用やカイロに通院したが 半年前から股関節と膝の痛みが酷く、歩行困難に陥る。
そして痛みが酷くなるにつれ、高血圧症も患う。
来院された時、右股関節と両膝の痛みが酷く、O脚になりカエルが立ってすり足で歩いている様だった。
さっそく施術。
まず、股関節の痛みの原因になっている股関節周辺の筋肉の緊張や癒着を取り去り、立位で足全体の筋肉のバ ランスを整える。
最後に、歩行時膝の痛みの原因になっている靭帯の弛緩を修正。
現在6回の施術を終え ほとんどの痛みが消失!!
そして患者さんには「先天性臼蓋形成不全」が痛みの原因ではないという事を説明。
このご婦人、O脚が改善し膝と膝が付くようになったり、家事も出来るようになったと大喜び!
来月にアメリカへ帰るそうだが、早く旦那さんに歩いてる姿を見せて驚かしてやりたいとの事でした。
また 旦那さんも膝が大変悪いので日本に連れてくるので診てほしいと話されていました。

自然形体療法 整体院爽快
東京都豊島区要町3-26-3-3F
03-3955-7577
春日久孝