《股関節症.com》股関節症の痛みは手術せずに回復します。変形性股関節症、大腿骨頭壊死、臼蓋形成不全の方達の自然形体療法による回復の記録。治したい-股関節症.com 

股関節症で悩んでいた方の回復の記録
大腿骨内顆壊死

大腿骨内顆壊死

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

50代 女性 ヘルパー

昨年の10月頃から左膝内側に痛み。

11月に病院で大腿骨内顆壊死と診断。

原因不明との事。

治療はヒアルロン酸の注射、湿布等。

左膝は歩く時、階段の昇降時に痛い。

右膝も軟骨がすり減っていると言われた。

たまに痛みが出るらしい。

正座は全く痛くない。

伏臥位で歪みを取って下肢の牽引。

この段階で痛みが取れている気がしたので歩いてもらう。

「痛くない!!」

次は階段の昇降。

「大丈夫!」

あっという間でした。

約1分。

告げられるとショックを受けるような恐い病名だが、蓋を開けてみれば単なる緊張でした。

壊死が痛みの原因ではありません。

その後は入念に膝周りの緊張を取っていく。

「また歩いてみて下さい。さっきより軽くなってるはずだから。」

「この状態(寝ている状態)でもそれが分かります!」

その後は肩凝りと白内障の施術。

肩凝りもその場では解消し、白内障も良くなった。

白内障は頚椎の歪みを取っていくと少し良くなりました。

その後は苦手な頭蓋骨の矯正をやっていると、視界が明るくなってきました。

最初は矯正中(私の手が触れている時)だけ見えやすかったが、矯正している手を離しても見えやすさが持続してきました。

頭蓋骨に関してはこれ以上は無理でした。

極めればもっと凄い効果を出せるはず…。

最後は左膝の内側の圧痛(押さえての痛み)を取って終了した。

 

今回の方はかなり軽症だったんじゃないかなと思います。

でも本人は「壊死」という言葉に元気を無くしていたようです。

しかも原因不明と告げられ…。

病名に脅されるというか…。

こういったのは氷山の一角なんでしょうね。

改善するから希望を持ってほしいなぁ~と思います。

私としても、初めて聞くような病名や恐そうな病名に惑わされる事無く、冷静に診断をするのが重要です。

 

※同じ職場の方から「元気に仕事をしている。」と後日報告がありました。

 

きむら自然形体院

香川県観音寺市大野原町花稲944-2

090-3788-3568

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>