《股関節症.com》股関節症の痛みは手術せずに回復します。変形性股関節症、大腿骨頭壊死、臼蓋形成不全の方達の自然形体療法による回復の記録。治したい-股関節症.com 

股関節症で悩んでいた方の回復の記録
股関節痛

股関節痛

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

50代 女性 看護師 趣味でクラシックバレー

現在仕事は、現場ではなく、会議やデスクワークが中心。

5年ほど前から、長く歩いたりすると、右股関節の痛みがあった。

 

小中学生の時、クラシックバレーをやっていたが、

またやりたくなり、昨年4月より、大人のクラシックバレー

を始めた。

バレーのレッスンが週2回、ヨガが週1回。

現在の症状は、

歩いたとき、右股関節が重苦しい。

急いで歩くと、ズキっと痛む。

右後ろに骨盤を動かしたときも、ずきっと痛む。

痛みのためか、だんだん身体が硬くなり、前ほど開脚ができない。

レッスンが終わって、帰宅すると、右股関節が重苦しい。

バレーのレッスンが思いっきりできない。

今年9月に発表会があるので、思いっきり練習がしたい。

病院は、MRI検査で、股関節が炎症をおこしている、と言われた。

 

全身の歪みの調整

左右ともに、脚の疲労をとる。

右股関節の可動が広がるように、マザーキャットでぽんぽん。

歩いたときの痛みが無くなるように、牽引。

 

施術後、歩いてもらうと、

「あっ、軽いです。重苦しかったのに。かえって、左の方が重い。」

2回目のとき、話を聞いたら、1回目の施術が終わっての帰り、

両手がぽかぽか温かかった。

おしっこがたくさん出た。帰る途中1回。家に着いてからも。(2時間かかって通院)

翌日、大便が大量に出た。

この一週間調子がよく、多少重苦しくなってもすぐに治った。

 

2回目の施術終了後、

「こんなに可動がよくなったんですよ。」

と、前屈や開脚をやってみせてくれた。

 

「発表会(9月)までは、ときどき来ます。」

クラシックバレー、がんばってください。



コスモス自然形体院
〒012-0862
秋田県湯沢市関口字関口15-2
090-5596-4792
小松 尚子
    

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>